我、京大生ぞ

理系京大生のゲーテが匿名をいいことに言いたいことを言いまくるブログ、たまに役立つ情報も書きます

京大志望者向け!京大模試で英語偏差値70越えの現役京大生がオススメする英語の参考書【英語】【京大受験】【二次試験】


こんにちは、京大生ブロガーのゲーテ(@goethe_kyodai)です。


理系でも文系でも問題は同じなので、文理問わず必須とされる英語。


今回は、京大受験生向けに私が受験の時に使った英語の参考書を紹介します!


英語に限らないですが、受験の参考書は色々手を出すより、良書繰り返しやって血肉化することが大切です。


目次

ユメタン1,2




言わずとしれた英単語帳。これ二つだけでセンターから二次試験まで全部対応できます。CDもついてるのでスキマ時間に活用しましょう。


私はこれを2~3周して全部覚えました。


英語が手付かずの人は英単語帳を潰すことをオススメします。英単語が知らないと、長文はもちろん、リスニングも英作文もできないので。

ブレイクスルー総合英語


ブレイクスルー総合英語

ブレイクスルー総合英語


文法の基礎固め用に使いました。英語の文法はほぼ全部網羅してるので、これを一冊読み切ると心強いです。


これを一冊やると、難解な長文以外すらすら読めるようになりますし、英作文にも大いに役立ちます。


量が多いから、英単語とか長文とかと並行してやるのがオススメです。

Vintage


Vintage―英文法・語法 CD付き

Vintage―英文法・語法 CD付き


ブレイクスルー総合英語と並行でやってました。ブレイクスルー総合英語で基礎を固めて、Vintageで応用力をつけるってプランでしたね。


問題数が多いですが、これを2~3周やると、語法文法を網羅できて、センターはもちろん、二次試験でも難解な文以外困ることがなくなります。


長文やリスニングで出てくるイディオムが豊富に乗ってるのが良いです。

入試必携英作文


入試必携英作文―Write to the Point

入試必携英作文―Write to the Point


英作文はこれだけをやれば大丈夫でしょう。英作文のエッセンスが詰まってます。京大の英作文は、これに書かれてる内容を応用するだけで、合格点に届きます。


これも2~3周やりました。

ポレポレ英文読解プロセス50


ポレポレ英文読解プロセス50―代々木ゼミ方式

ポレポレ英文読解プロセス50―代々木ゼミ方式


最近の京大英語は簡単なので、ポレポレとこれから紹介する英文読解の透視図をやるのはオーバーワークです。


英語が得意もしくは好きな方はやればいいと思います。


50個の難しい英文を、品詞や文法に注目してわかりやすく、理詰めで読み解く方法を丁寧に説明していてわかりやすいです。


これをやっとけば京大模試の長文にも臆すことがなくなるでしょう。これは2周しました。

英文読解の透視図


英文読解の透視図

英文読解の透視図


ポレポレが簡単に思えてきたらやるのがこれ。京大の英語 25ヵ年を除くと、これが英語の参考書の最高峰です。


ポレポレみたいに、難解な英文を解説していく、という構成になっています。ただしポレポレより難しいです。


京大対策としてはオーバーワークですが、なかなか論理的思考力を鍛えることができるから、他の教科はもちろん今後の人生にも役立つかもしれません。


あと、ポレポレや英文読解の透視図をやることで、品詞や文構造の使い方に敏感になるから、英作文もより形の整った綺麗な文章が書けるようになります。

京大の英語 25ヵ年


京大の英語25カ年[第8版] (難関校過去問シリーズ)

京大の英語25カ年[第8版] (難関校過去問シリーズ)


上記の参考書をやり尽くしてやることがなくなったら過去問をひたすら解きましょう。


ただ昔の京大英語は今より難しいので、やる必要はないです。最近の10年分だけやれば十分でしょう。


英作文の模範解答は、綺麗すぎるので参考にしなくていいです。高校生であんな英文をかける人はほぼいないので。


注意点としては、英作文は必ずネイティヴかちゃんとした英語の教師に添削してもらわないと意味がありません。


自分の裁量で採点してもダメな点がクリティカルに分からないから力が伸びにくいです。

やる順番


やる順番としては、ユメタン、ブレイクスルー、Vintage、入試必携英作文を並行してやる→(時間があったら)ポレポレ→(さらに時間があったら)英文読解の透視図→京大英語の赤本でいいと思います。

やる時期


英語はやればやるほど成績が上がるし、一度上がったら安定します。だから早めにやっておいて、成績を上げとくと、模試もいい成績が取れて安心感を買えます。


私は英語が好きってこともあって、ユメタン、ブレイクスルー、Vintage、入試必携英作文は二年の秋までには終わらせて、二年の後半から三年の春までにポレポレと英文読解の透視図を二周しました。


そこから浪人して受かるまで、京大模試の英語は偏差値70±3で安定してました。

まとめ


英語はやればやるほど上がりますが、覚えることが多くて大変です。


いかに計画的に覚えられるか、脳科学的に効率よく覚えられるか、が大事です。


エビングハウスの忘却曲線みたいな脳科学の知識も学びながら、効率よく学んでいくのがいいでしょう。


さっきも言った通り、英語は先にやっとけば、他の科目に集中できるので、後の受験勉強がすごく楽になります。


だから、早めにやることをお勧めします。


読んでいただいてありがとうございました!


良ければシェアお願いします!


他の科目の参考書の紹介記事はこちら↓


京大志望者向け!現役京大生がオススメする物理の参考書!【物理】【京大受験】【理系】【二次試験】 - 我、京大生ぞ


京大志望者向け!京大模試で化学偏差値70越えの現役京大生がオススメする化学の参考書!【化学】【京大受験】【理系】【二次試験】 - 我、京大生ぞ


京大志望者向け!現役京大生がオススメする数学の参考書!【数学】【京大受験】【理系】【二次対策】 - 我、京大生ぞ


京大志望者向け!現役京大生がオススメする地理の参考書!【地理】【センター】 - 我、京大生ぞ


京大志望者向け!現役京大生がオススメする国語の参考書!【国語】【京大受験】【理系】【センター試験】【二次試験】 - 我、京大生ぞ