我、京大生ぞ

理系京大生のゲーテが匿名をいいことに言いたいことを言いまくるブログ、たまに役立つ情報も書きます

京大志望者向け!現役京大生がオススメする数学の参考書!【数学】【京大受験】【理系】【二次対策】


こんにちは、京大生ブロガーのゲーテ(@goethe_kyodai)です。


ってことで、主に僕が京大受験者向けに数学の参考書をつらつら書きました。


京大数学は、適当な典型問題を網羅して、完璧に解法を血肉化して、京大の過去問とか予想問題でその解法を組み合わせて解く応用力をつければ合格点を取れるようになります。


それでは早速いきましょう。


目次

4STEP



学校で一式買わされた思い出の参考書。社会の授業でよくこれで内職してたなあ懐かしい。


教科書を通読した後は、これで簡単なA問題からやってました。ある教師によると、B問題を解説なしで解けると阪大数学は合格点取れるらしい(ほんまか)。


そう言う人もいるくらい、B問題はなかなか骨のある問題を多数収録している。B問題をすぐ解答を見ずに少し粘ると思考力なるものが多少つくかもしれないです。


尚、解答が市販されてないくそ仕様になってるので、解答が配られないタイプの高校は全く進捗が生めない人もいるから本当にくそである。


進捗とは↓

進捗とは、物事が進み捗る(はかどる)こと、決まった目標に対して進むことである。


一方、解答が配られるタイプの高校の人は、その解答を使って、解答が配られないタイプの高校の人相手に商売をすれば一儲けできそうである。(犯罪っぽいので自己責任で)


さっき書いたようになかなか難しい問題もあるから、やりきるのはわりと大変。粘るのも大切だが、諦めて解答を見ちゃうのも進捗を生むためには大事。


やりきるのは大変だが、この4STEPをやりきってやっと数学の基礎の基礎が身についた程度に考えたがいい。数学とは時間のかかる教科なのである。

Focus Gold



こちらも学校で買わされた。解答も入れると相当は厚みと重さになるので、持ち運びがしんどい。自分の棚が満杯だったから、苦肉の策として不登校のO君の棚に置いて使っていた(よいこは真似しないでね)。そんな思い出の参考書である。


センター数学から東大京大医学部の数学まで、幅広い種の数学を一冊にまとめたような本。問題数が多すぎるので、全部やるのはほぼ不可能に近いし、やる必要もない。


僕は教師がやれと言ってた問題だけやってました。こうやって問題を選んでやるべきです。


難易度は4STEPより少し難しいくらい。中には東大京大レベルの難問も例題で出てる。4STEPのB問題の解法が載ってたりするので並行してやると捗る。


後ろの方をパラパラっと見たら結構良問難問がたくさん載ってたからちゃんとやると相当力がつくかも(僕はちゃんとやってなかったからつかなかった)。


これをやり終えて、数学の基礎が身についた、というレベルに達することができる。

大学への数学 一対一対応の演習



これも学校でやらされた問題集。ろくに復習してなかったので、なんら力にはならなかったが、振り返ってみたら良問を軽いノリで勉強できるいい本だったと思う。


一問につき解法が2、3個載ってるから多角的に考える力がめっちゃついていい(ちゃんとやったらの話)。


コラムで問題の背景なんかも知れて知的好奇心を刺激され、読み物としても優秀。ちゃんとやっとけばよかったなあ。


4STEPとかFOCUS GOLDで基礎を身につけて、この問題集で解法を増やせば、もう道具は十分揃った状態なので、問題演習をガンガンしていってほしい。

理系数学 良問のプラチカ 数学1A2B