我、京大生ぞ

理系京大生のゲーテが匿名をいいことに言いたいことを言いまくるブログ、たまに役立つ情報も書きます

「君がオヤジになる前に」を読んだ。【書評】

こんにちは、京大生ブロガーのゲーテ(@goethe_kyodai)です。


ホリエモンこと堀江貴文の本、「君がオヤジになる前に」を読みました。


この本で堀江さんは少年の心を忘れ、思考停止して会社から言われたことをやって金を稼ぐおっさんのことを「オヤジ」と定義しています。


そんな「オヤジ」にならないためにやるべきことなどが書かれてます。


そんな本を読んで、僕の琴線に触れた文章を今日は紹介します。

独立を一度でも経験しておくと、ビジネススキルが飛躍的にアップする。(中略)具体的には、お金の流れが把握できる。仕事を受注して、いくらの経費や事務手数料がかかって、いくらの利益をはじき出すのか。独立すればそういった財務管理能力が身につく。


独立すれば、自分で金を生み出すのに必要なスキルが身につくそうです。


僕もサラリーマン生活引退したら自分で稼ぐつもりだから独立でも経験しとこうかな。


いやむしろ会社に入る前にでも、ブログでその独立したのと同じスキルを身につけること、可能じゃん!


て言うことでブログ頑張ります。

これからの時代のプロモーションは、ただ、多くの人に商品の存在を知らしめるだけでなく、消費欲そのものを喚起させることが重要となる。つまり、相手は人の感情だ。


昔は良いモノだけ作ってりゃ売れたけど、モノが氾濫した今、相手の感情を考慮して買いたい!と思わせるような(消費欲を喚起させるような)商品じゃないと売れなくなってきてるらしいです。


自分がもしエンジニアになったとき、ものづくりをするときに使えそうな知見ですね。

上司にアピールするとき、自分の技術や才能を提示しても、あまり効果はない気がする。それより「僕はあなたの手が回らない仕事を完璧にやってのけます」と言う方が、覚えは何倍もいいだろう。


上司目線で考えたらそりゃそうだ。


就活でも働いてからも、女を口説く時も、「相手は何をされたから得になるか」のように相手の目線に立って考えると本質をつけるのかな、なんて思いました。

違法行為が少なくなればなるほど、権力側は自らの存在意義を維持するために、これまでは問題視されなかった瑣末な違反も取り締まりの対象としていく。


アンチウイルスソフトを作る会社がウイルスを作るみたいなもんか。


当たり前だけどこんな構造があったなんて気づきませんでした。

営業を任されている人に、すぐ売れる方法をひとつ、教えよう。自分より、情報感度が鈍い人を探して売りつければいい。


この最たる例が不動産です。


市場にはみんなに等しく情報が行き渡る「オープン•マーケット」と、一部の人しか情報が行き渡らない「インサイダー•マーケット」があります。


不動産はインサイダー•マーケットだ。良い物件があると、まずそれは不動産会社に知れ渡る。そして次に不動産会社と交流が深い金持ちがそれを知る。


その時点でもう良い物件は売り切れ、不動産会社が一般人に売る物件は彼らが買わなかった残りカスのようなものしかない。


こうやって情報感度の鈍い人に売りつければそれなりに儲けられることがあります。


もし自分が営業になったらこのテクニックを使ってみよう。

見果てぬ高い場所へ行きたいのなら、どん底でのたうって、大切に大切に守ってきた宝物を捨て去る勇気も必要なのだ。


今の女よりもっと美しく聡明で性格もいい女を求めるなら、今の女を捨てなければいけない。


よりいい女を嫁にするために、大切にしてきた彼女を捨てる勇気を持とうと思いました。


まぁ彼女なんていませんけどね!

(福本伸行)何万人もの庶民と近い好みや嗜好を持っている方が、漫画には役立つ。


「カイジ」、「アカギ」で知られる福本伸行氏の一言。


これ漫画だけに当てはまることじゃないですね。


世の中のありとあらゆる商品にも言えます。


金持ちになって良いものしか買わない人には庶民の感覚がわからないから、庶民の痒いところに手が届く商品を生み出せない。


売る立場になったら、圧倒的多数の庶民の欲望に応えるようなモノを売りたいです。

仕事を断らないのは成功するための基本姿勢のひとつでしょう。


有吉さんもテレビに再びで始めた時は、来る仕事全部やってきたそうです。


くる全部仕事を引きうれば、もっと仕事が来る。そして稼げる。好循環ですね!


もしフリーランスになったらこれを実践しよう。


読んでいただいてありがとうございました!


良ければシェアお願いします!