我、京大生ぞ

理系京大生のゲーテが匿名をいいことに言いたいことを言いまくるブログ、たまに役立つ情報も書きます

タイトルの原題を直訳すると滑稽な洋画を紹介する

こんにちは、京大生ブロガーのゲーテ(@goethe_kyodai)です。


映画を年60本見る僕がタイトルの原題を直訳すると滑稽な洋画を紹介しよう。


ぜひご覧あれ!


目次

パイレーツ•オブ•カリビアン/最後の海賊


原題は


Pirates of the Caribbean: Dead men tell no tales


英語をそのままカタカナにすると、


パイレーツ•オブ•カリビアン/デッドメンテルノーテールズ


といい感じになるが....


日本語で訳すと、


パイレーツ•オブ•カリビアン 死人に口なし


と格段にダサくなる。


ちなみにこのサブタイトルは別に本編のテーマとあんまり関係なく、敵キャラのサラザールがくちにするしーんがあるだけである。


ベイマックス


原題は


Big Hero 6


日本語で訳すと、


でっかいヒーロー6人


すっげえダサい。ちなみに原題から分かる通り、実はこの映画はヲタク六人が悪を相手に戦うヒーローものなのだ。


ベイマックス MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

ベイマックス MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

怪盗グルーシリーズ


怪盗グルーは今の所3つでている。「怪盗グルーの月泥棒」、「怪盗グルーのミニオン危機一発」、「怪盗グルーのミニオン大脱走」である。


原題はそれぞれ、


Despicable me


Despicable me 2


Despicable me 3


Despicable me を日本語訳すると、


卑しい僕


邦題の原型がほぼない。なんかエロムービーのようなタイトルになってしまっていて面白い。しかも3つもシリーズが続いてるそこそこ支持のある作品だと思うとさらに滑稽である。


グランド•イリュージョン


2つシリーズが出てるが原題は、


Now You See Me


Now You See Me 2


日本語で訳すと、


見えてますね。


Now You See Meは英語圏のマジシャンがよくいうセリフらしいが、日本語にするとこうも滑稽になるのか。原題の直訳のままじゃ世に出せなかったのも頷ける。


スパイダーマン/ホームカミング


原題もわりとそのまま、


Spider-Man: Homecoming


日本語に訳すと、


蜘蛛男、帰宅


いや、帰ってくんな


読んでいただいてありがとうございました!


良ければシェアお願いします!

「君がオヤジになる前に」を読んだ。【書評】

こんにちは、京大生ブロガーのゲーテ(@goethe_kyodai)です。


ホリエモンこと堀江貴文の本、「君がオヤジになる前に」を読みました。


この本で堀江さんは少年の心を忘れ、思考停止して会社から言われたことをやって金を稼ぐおっさんのことを「オヤジ」と定義しています。


そんな「オヤジ」にならないためにやるべきことなどが書かれてます。


そんな本を読んで、僕の琴線に触れた文章を今日は紹介します。

独立を一度でも経験しておくと、ビジネススキルが飛躍的にアップする。(中略)具体的には、お金の流れが把握できる。仕事を受注して、いくらの経費や事務手数料がかかって、いくらの利益をはじき出すのか。独立すればそういった財務管理能力が身につく。


独立すれば、自分で金を生み出すのに必要なスキルが身につくそうです。


僕もサラリーマン生活引退したら自分で稼ぐつもりだから独立でも経験しとこうかな。


いやむしろ会社に入る前にでも、ブログでその独立したのと同じスキルを身につけること、可能じゃん!


て言うことでブログ頑張ります。

これからの時代のプロモーションは、ただ、多くの人に商品の存在を知らしめるだけでなく、消費欲そのものを喚起させることが重要となる。つまり、相手は人の感情だ。


昔は良いモノだけ作ってりゃ売れたけど、モノが氾濫した今、相手の感情を考慮して買いたい!と思わせるような(消費欲を喚起させるような)商品じゃないと売れなくなってきてるらしいです。


自分がもしエンジニアになったとき、ものづくりをするときに使えそうな知見ですね。

上司にアピールするとき、自分の技術や才能を提示しても、あまり効果はない気がする。それより「僕はあなたの手が回らない仕事を完璧にやってのけます」と言う方が、覚えは何倍もいいだろう。


上司目線で考えたらそりゃそうだ。


就活でも働いてからも、女を口説く時も、「相手は何をされたから得になるか」のように相手の目線に立って考えると本質をつけるのかな、なんて思いました。

違法行為が少なくなればなるほど、権力側は自らの存在意義を維持するために、これまでは問題視されなかった瑣末な違反も取り締まりの対象としていく。


アンチウイルスソフトを作る会社がウイルスを作るみたいなもんか。


当たり前だけどこんな構造があったなんて気づきませんでした。

営業を任されている人に、すぐ売れる方法をひとつ、教えよう。自分より、情報感度が鈍い人を探して売りつければいい。


この最たる例が不動産です。


市場にはみんなに等しく情報が行き渡る「オープン•マーケット」と、一部の人しか情報が行き渡らない「インサイダー•マーケット」があります。


不動産はインサイダー•マーケットだ。良い物件があると、まずそれは不動産会社に知れ渡る。そして次に不動産会社と交流が深い金持ちがそれを知る。


その時点でもう良い物件は売り切れ、不動産会社が一般人に売る物件は彼らが買わなかった残りカスのようなものしかない。


こうやって情報感度の鈍い人に売りつければそれなりに儲けられることがあります。


もし自分が営業になったらこのテクニックを使ってみよう。

見果てぬ高い場所へ行きたいのなら、どん底でのたうって、大切に大切に守ってきた宝物を捨て去る勇気も必要なのだ。


今の女よりもっと美しく聡明で性格もいい女を求めるなら、今の女を捨てなければいけない。


よりいい女を嫁にするために、大切にしてきた彼女を捨てる勇気を持とうと思いました。


まぁ彼女なんていませんけどね!

(福本伸行)何万人もの庶民と近い好みや嗜好を持っている方が、漫画には役立つ。


「カイジ」、「アカギ」で知られる福本伸行氏の一言。


これ漫画だけに当てはまることじゃないですね。


世の中のありとあらゆる商品にも言えます。


金持ちになって良いものしか買わない人には庶民の感覚がわからないから、庶民の痒いところに手が届く商品を生み出せない。


売る立場になったら、圧倒的多数の庶民の欲望に応えるようなモノを売りたいです。

仕事を断らないのは成功するための基本姿勢のひとつでしょう。


有吉さんもテレビに再びで始めた時は、来る仕事全部やってきたそうです。


くる全部仕事を引きうれば、もっと仕事が来る。そして稼げる。好循環ですね!


もしフリーランスになったらこれを実践しよう。


読んでいただいてありがとうございました!


良ければシェアお願いします!


君がオヤジになる前に

君がオヤジになる前に

「おとなの進路教室」を読んでハッとしたことを紹介する。【書評】

こんにちは、京大生ブロガーのゲーテ(@goethe_kyodai)です。


昨日、こんな本を読んだ。



進路に迷う大人向けの本だった。


特に進路に迷ってない学生の僕が読んでも得るものがあったので紹介しよう。


目次

年収や学歴より雰囲気

どういう雰囲気をだしているか、そのほうが、よっぽど大事だ。


偏差値や年収、勤めている企業名や学歴より醸し出している雰囲気の方が大事。


その雰囲気がその人の魅力を決める。


たしかにそうだ。


自分も学歴や難関資格で武装して強くなろうと思ってた時期があった。


「英検一級、TOEIC950越え、TOEFL100越えで英語は堪能、英語だけでなく他の言語にも通じるマルチリンガル、さらにベンチプレス100kg越えのパワーを持つ外資系大企業勤め。」


こういう自分を目指そうと時期があった。なんかすごいかっこよくてモテそうだ、っていう軽薄な理由だ。


そういう自分になるために勉強に精を出したりする時期があったが今はしていない。なんかすごく疲れたからだ。肩書きを求めるより好きなことをしようと思った。


そんな肩書きより内から醸し出される雰囲気が人の魅力を決め、人を惹きつける。こっちの方が大事だ。この本はこういうことを気づかせてくれた。

勉強することのリスク

勉強するってのは怖いですね。気をつけないと勘違いしてしまう。頑張っている自分を人に押し付けてしまう。自分を見失ってしまう。


自分もこういう時期があったかもしれない。


自分の努力の水準を相手にも求めてしまう。相手の勉強量の少なさが目に入る。勉強をしてない人を見下してしまう。


勉強っていうのは自分のためにするもので、頑張っている自分に酔うためじゃない。ましてや相手を見下すためでもない。

今の若者には知らない人と話す経験がない

かなり多くの学生が、自分と家族、恋人、気の会う友人••••••、そこから先が、ズドン!と欠落している感じなのだ。


今の若者は親しい人としか話さないらしい。


自分がまさにこれである。初対面の人や知らない人と話す経験が本当に少ない。


これじゃコミュ力も限定されてしまう。


反省を生かして積極的にキャバクラや風俗に行って話そうと思った。

「いつかは...」というけどその「いつか」っていつ?

「いつか」に夢を託すけど、(中略)いつかより強くなって••••••という視線は、その真の課題に向き合う億劫さから、目をそらすのに、使われやすい。


不確定な未来に問題を先送りして、今この瞬間から目を背ける。


僕は様々な出会い系に手を出してるけどモテない。京大生だからもうちょっとモテてもいい気がするがモテない。


京大生の自分より聞いたことのないような大学の顔のいい人の方がモテる。


でも、今はモテないけど大企業に入って稼ぐようなになったらモテるだろう、なんて思ってた。


でもこれって問題を先送りして直視することを恐れて目を背けてるだけだ。


大企業に入ってもモテるとは限らない。今このモテない現状を直視して対応策を考えて実行して少しずつモテるようにするべきだった。

それはあなた自身の意見?

立っているところが「情報」なので(中略)質問も似てくる。情報に立脚していて、自分に立脚しているのではないことを、果たして本人は気づいているのだろうか?

未曾有の情報社会で、仕入れた情報に立脚したものを言おうとする人は、さらに増えていくだろうと思う。


これだけではわからないと思うので、解説する。


自分の意見を言うとき、「〜では、〜と聞いたんですが、あなたの言う〜とは違うようです。」などと言う人は、自分がよそから取り入れた情報に立脚してものを言っている、と作者は表現している。


また、「私は〜と感じて、〜と思った。」などと言う人は、自分に立脚してものを言っている、と作者は表現している。


この情報化社会では、情報が氾濫していて、スマホやパソコンでいつでもどこでも情報を仕入ることができる。


誰でも手に入れられる情報に立脚して意見を言ってるだけでは、誰でも言えることしか言えなくなって差別化ができない。


僕も結構情報を取り入れてる方だと思う。一日何か新しいことを学ばないと気持ち悪いから毎日Twitterや本で情報収集している。


でも意見を言うときは、「外側」から取り入れた情報だけに立脚せずに、自分の感情や好みや考えみたいな自分の「内側」から湧き出たことも絡ませて発言しようと思った。


読んでいただいてありがとうございました!


良ければシェアお願いします!


おとなの進路教室。 (河出文庫)

おとなの進路教室。 (河出文庫)

「いま会社がなくなってもすぐ次が見つかる人になる33のステップ」が学生の僕でもためになった【書評】

こんにちは、京大生ブロガーのゲーテ(@goethe_kyodai)です。

昨日こんな本を読みました。



転職に有利なるようなことが33ステップに別れて書かれてます。33ステップと書いていますが、別に階段のようにそれに沿って上がっていけばいい、っていうもんじゃありませんでした。


33ステップの独立の内容です。


普通のビジネス書ですが、学生の僕でもためになるようなことがかかれたので紹介します。


目次

元気な挨拶がポジティブな結果を生む!



元気な挨拶をするだけでこんな効果があるみたいです。確かに「元気に挨拶をしろ!」とは言われますが、その理由と効果についてまで言う人は少ないです。


今までは親しい人や先輩後輩にしか元気に挨拶はしてませんでしたが、知り合い程度の人とか初対面の人にも元気に挨拶してみようかな。


特に女性には元気に挨拶しよう。それも選ばずしよう。選ばず任意の女性にすることで、女性のネットワークで「元気に挨拶する人」っていう印象をつけることができますよね。


逆に1人にでも適当に挨拶したら、ネットワークで直ちに広がってしまいます。あいつは可愛い子にしか挨拶しない、て分かったら印象に傷がつきますもんね。

「言うだけタダ」の威力

何も言わないよりとにかく言ってみる



言うだけだったらリスクはないですよね。必ずしもリターンがあるとは限らないけど、言わなかったらノーリターンのまま。


言うだけでタダなことを勇気がないっていう理由で言わなかったことがたくさんあって後悔してます。ノーリスクでリターンが得られる可能性があるのに、アホですよね。


だから今度は女の子に言ってみよう。


「今夜ヤらない?」って。


言うだけタダですもんね。

ありがとうの大切さ

人は、命令されただけでは本気で動きません。「この人のために何かしてあげよう、何かしてあげたい」と思ったとき、初めて本気になって取り組みます。


何かしてあげたい、って思わせるために「ありがとう」と日頃から言う。そういう利己的な「ありがとう」の使い方があったなんて。


自分の子供が産まれたら、「ありがとう」とちゃんと言える子供に育てよう。


セ◯クスした後に今度言ってみよう。


「ありがとう」

7割の出来の仕事を目指す


著者はなるべく早く7割の出来の仕事をやれ、と言ってます。

はじめから完璧ではないと自覚しているので、ダメ出しされても、何をどう言われてもぜんぜん凹みません。


7割の仕事の出来だとダメ出しされてもあんまりショックじゃないですよね。


それよりも時間ギリギリで10割の出来で出した仕事をダメ出しされたダメージの方がでかいし、それだと残業しなきゃいけなくなります。


7割の仕事の出来だと早くできるし、時間に余裕があるから何回も修正できる。最終的に最初から10割の出来を目指した人よりも時間内に完成度の高い仕事ができる。


残業もしなくてよくてハッピー。


仕事の種類によりますが、これは結構使えるメソッドかもしれないです。研究とかで使えそう。

異性の意見は大切

ビジネスパーソンは自分のアイデアを客観的に判断してくれる人を確保することが大切です。


その「客観的に判断してくれる人」の代表格が異性と著者は言っていますが、僕はその意見は反対です。異性でも同性でもどちらも同じくらい主観的だと思うからです。


ひとまず客観性ということは置いといて、異性の意見っていうのはものづくりには大切だと思います。


男に聞いたら「お〜いいね!」と言われることも、女に聞いたら「なんなんこれ?」とか「キモい!」とかばさっと切られることありますよね。


男女どっちもターゲットにしている製品なら「女性目線から見たらどうなのか」っていうのは大切ですよね。男性から見たら見えなかったものが見えてくる。


だから女友達をたくさん作ろう!

転職にも人脈が大切

実際のところ、仕事を見つける際の王道は、「人の紹介」です。

今の時代、日系大企業の終身雇用がなくなりつつあります。仕事を転々としていく人も増えてくでしょう。


僕も同じ企業でずっと働く人生プランは設計してないです。


仕事の紹介は人の紹介が主らしいです。職業紹介所に応募を出すのは誰も紹介してくれなかった後なんだとか。


僕にとって転職できないのは命取りにもなるので、人脈を広げる努力は欠かさないようにしようと思いました。


読んでいただいてありがとうございました!


良ければシェアお願いします!


いま会社がなくなってもすぐ次が見つかる人になる33のステップ (「ドリームスキル・クラブ」シリーズ)

いま会社がなくなってもすぐ次が見つかる人になる33のステップ (「ドリームスキル・クラブ」シリーズ)

「20代の後悔しない働き方」が意外と面白かった【書評】

こんにちは、京大生ブロガーのゲーテ(@goethe_kyodai)です。


昨日こんな本を読みました。



20代のうちにやっとけば30代、40代での成功を助けてくれるようなことがたくさん書かれてました。


そのいくつかを紹介します。

30代で目が出なかった人は、大部分の人は残念ながら、やはりそりなりで終わります。


20代で目が出なくても30代までは頑張ろう。30代で目が出るように20代の過ごし方を考えて生きよう。そう思いました。

駆け出しの20代の頃は、上司や先輩、あるいはお客様から掲示されたこと、あるいは依頼を正確に、素早くするだけで「仕事がデキる」と認められがちだからです。
しかし、それは仕事の中身によっては、若い頃だけに通用する評価でしかないかもしれません。
(中略)
深くものを考えなくてもできる仕事が若い頃には多いのです。


会社に入った20代の頃は簡単な仕事ばっかり任されるらしい。それができたからって奢らないようにしよう。

「世の中の関心や影響が一番大きいだろう」と考えぬいたうえで、配列されているのです。たった1人の関心ではなく、世の中の関心。世の中の関心に自分の関心を合わせる訓練として新聞を読まなければならないのです。


新聞最強説を唱えた一節。重要なことだけ、それも満遍なく世の中のことが書かれているのが新聞なんですって。


本やニュースで情報を得る方法もありますが、選り好みしちゃうから情報が偏ってしまいますよね。


でも新聞だと世の中を広く浅く知れる。

人には「体記憶」があります。これは読んで字の如く、「体で覚えた記憶」のこと。(中略)
ちなみに体記憶の習慣化は、経験が少ない幼少期の方が、刷り込み効果が高くなるそうです。


ということは、体記憶を使うようなことは幼少期に学習させた方がいいということ。


子供ができて習い事を決めるときに役に立ちそう。

「頑張っている自分にご褒美」と言っている人を見ると、成功しない人だなと思います。(中略)「結果を出した自分にご褒美」が正解です。


「努力量」じゃなくて「結果」の方が大切。


ビジネスでは基本なんだとか。努力量も大切っちゃ大切だけど結果の方が大切ですよね。自分にもまだ生まれていない子供にも結果を褒めるようにしよう。

ジョブ•ホッパーは転職市場で嫌われる。


職場を転々とするジョブヤリ◯ンは転職市場で嫌われるんだとか。すぐ辞める人を雇ってもすぐ辞めそうですもんね。そんな採用コストの無駄、企業は嫌いますよね。

幹事という仕事は、気配りと機転と段取りの力が要求されます。(中略)幹事は「相手が何を望んでいるか」をつかみとり、それを具現化するのに最適なトレーニングになる。


幹事ってそんな成長できんのか。幹事やったことないけどやってみようかな。

人の感情は実に多様です。その前提を知っていれば謙虚になりますが、知らないままだと自分の価値観を、知らず知らずのうちに押し売りするリスクがあるのです。

そんなリスクあるなんて知らんかった。「俺もこう思うから、相手もそう思ってるはずだ」って思うのって危険ですよね。

メモを取る理由は記録するだけではないのです。「あなたは(目の前にいる人)を敬っています」という意思表示になるからです。


板書しないと怒る先生、いましたよね。あれは「あなたの書くことに価値はないですよ。価値のないことを書くあなたを尊敬してないですよ。」と写っていたのでしょうか。

(会社は)「あなたがどれだけ会社に貢献してくれるか」を望んでいるのです。


忘れたくない視点。

お金に関しては「稼ぐもの」なのです。「もらう」「頂く」という考えを捨て去れば、もっと謙虚に、しかし前向きに、そして何より高いモチベーションを持って日々の仕事にあたれるはずです。


これもまた忘れたくない視点。

社員の残業は会社にとってコストでしかありません。残業代もかかるし、勤務時間の削減が世の流れなのに逆行することになる。

よく残業をする人は経費が無駄にかかる無能なのかもしれません。気をつけよう。

多くの人が一人前(=二流)になったときに必死さを失います。


ハングリーさを失いたくはないですね。

実力だと思っていたものは、所詮、大企業のブランドでしかなかったと気づくのです。(中略)大企業につとめている20代の方は、本当の実力をつけることを強く意識して過ごして下さい。


大企業に行く予定だからこのことは肝に命じとかないと。転職もするつもりなので。

「足は大地に、目は星に」(中略)その夢は常に足元から始まります。(中略)足元にある現実、日々の仕事、日常の使い方によって、夢に近づくことができる、というわけです。


どんな荘厳な夢も、日々やっていることの延長戦にある。大きな夢のために直近のことをコツコツやる姿勢、大事です。


読んでいただいてありがとうございました!


良ければシェアお願いします!


No.1コンサルタントが教える 20代の後悔しない働き方 (青春新書プレイブックス)

No.1コンサルタントが教える 20代の後悔しない働き方 (青春新書プレイブックス)

体重を気にしている女性に言いたいこと


こんにちは、京大生ブロガーのゲーテ(@goethe_kyodai)です。


体重を聞いたらやたら怒る女性、いますよね。


問いただしてみたら体重が身長-120のスリム体型だったりする。


そんな過剰に体重を気にする世の女性たちに言いたいことがあるので聞いてください。


目次

体重を気にしている男性はほぼいない


女性の体重という名の客観的数値を気にしている男性などほぼいません。


「俺、付き合うなら体重50kg以下の人がいいんだよね〜」なんて聞いたことがありません。


普通「俺、付き合うならCカップ以上がいいんだよね〜」とかです。


そりゃあ70kgとか80kgとかある女性は別ですよ。それでも大事なのは数字じゃなくてパッとみた感じどれくらい太ってるかっていう見た目の方です。


世の日本人の大半はそんなデブってないので体重に関しては基準を軽くクリアしてます。


だから安心して体重を減らす努力をするよりおっぱいを大きくする努力をしてください!お願いします!

そもそも細すぎる女性は需要がない

モデルや女優みたいなスリムな体型を目指している女性ってたくさんいますよね。



でも我々男性目線から見たら、そんな体型の女性はあんまり需要がありません。


我々から見たら彼女らは細すぎるのです。


確かに女性やモデルを嫁に持つことは憧れです。


でもそれは細いのが好きなんじゃなくて、モデルや女優という「肩書き」に憧れているだけです。


男性が本当に好きなのはモデルや女優の体型じゃなくて、グラビアアイドルのわがままボディなのです


掴む肉がないのは嫌です。ほぼ骨と皮だけな体型じゃ膝枕も添い寝もイチャつくのもセ◯クスも満足なものになりません。


それと程よく筋肉と脂肪があって引き締まったアスリート体型のボディも男性は大好きです。



日本ではまだ少ないようですが、ジムで日々鍛錬を怠らない筋トレ女子のプリッとした尻は国宝級に至高です!

結論

女性はモデルや女優じゃなくてグラビアアイドルを目指そう!


読んでいただいてありがとうございました!


良ければシェアお願いします!

洋書「Tuesdays with Morrie」の名言を紹介する

こんにちは、京大生ブロガーのゲーテ(@goethe_kyodai)です。


洋書の「Tuesdays with Morrie」を読んでみました。


Mitch Albomが毎週火曜日に病床の恩師のMorrie Schwartzと会って、人生、恋愛、キャリア、いろいろなことを教わる。


そんな話になってます。


そのMorrieの深い名言をまとめてみました。


目次

歳を取ることについて

As you grow,you learn more.


日本語訳:

歳を取るにつれて、より多くを学ぶ。


歳を取るというのは劣化するってことじゃないんです。より多くいろんなことを学べるってことなんです。歳を取ることのポジティブな側面に着目したいい言葉。

We all yearn to return to those days when we were completely taken care of - unconditional love.


日本語訳:

僕たちはみんな何から何まで全て世話してくれた時(赤ちゃんの時)に戻りたいと思っている。無条件の愛を求めているんだよ。


めちゃめちゃ納得させられた。確かに男はみんな可愛い彼女に無条件の愛で下から上まで世話してもらいたいと思ってるものだ。

子供を持つことについて

There is no experience like having children.


日本語訳:

子供を持つような体験は他にはない。


独身が社会的にどうとか結婚しないのは親不孝だとか置いといて、子供を持つ体験っていうのは他のことで代替できない。本当にその通りですね。


子供を持つ素晴らしさがわかる。


この名言を知った後、アラサーの独身女みたいに子供が無性に欲しくなってきちゃいました。

地位について

Status will get you nowhere.


日本語訳:

地位を得ることで、あなたはどこへも行けない。


僕も高い地位を目指すことでより高い所にいけると思ってましたが、そうじゃないことをこの言葉で気付かされました。


地位を得ても、それは限定されたコミュニティでしか効力を発揮しないし、死ぬときに地位なんて関係ないですからね。


地位で幸せになることなんてないのでしょうかね。

人間の性について

People are only mean when they're threatened.


日本語訳:

人間は脅されたときにだけ悪と化す。


人は元来悪ではなくて弱い立場にいるときだけ防衛本能として悪になるのかもしれない。そしたら悪を憎めないですね。

社会の慣習について

It's the same for women not being thin enough,or men not being rich enough.It's just what our culture would have you believe.


日本語訳:

それは細くない女性、経済的に豊かじゃない男性にも当てはまる。そんなことはただ我々の文化が思わせてることなんだ。


女性だって太くてもいいし、男性だって金を稼げなくてもいい。そらは文化や社会が我々に信じ込ませている迷信なんだ。その通りです。


社会や文化が求めてる像に従って生きるのって疲れますよね。自分は自分でいいんだと思います。文化に縛られずに生きたいです。


ちなみに僕はムチムチな女性が大好きです!


他にもたくさんの名言がこの本で読めます!


日本語版もあるから読んでみたい人は手にとってみたらいかがですか?


読んでいただいてありがとうございました。m(._.)m


良ければシェアお願いします!


Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man, and Life's Greatest Lesson

Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man, and Life's Greatest Lesson

普及版 モリー先生との火曜日

普及版 モリー先生との火曜日