我、京大生ぞ

理系京大生のゲーテが匿名をいいことに言いたいことを言いまくるブログ、たまに役立つ情報も書きます

京大志望者向け!現役京大生がオススメする物理の参考書!【物理】【京大受験】【理系】【二次試験】


こんにちは、京大生ブロガーのゲーテ(@goethe_kyodai)です。


今日は理系京大受験生向けに物理の参考書を紹介します。


物理は覚えることが少ないですが、スタートで理解につまづく人が多いです。だから、わかりやすい参考書で学べるかどうかが鍵です。


早速紹介していきましょう!


目次

物理のエッセンス



教科書の次に手をつけた参考書。教科書でわかった気になったところを、完全にわかった!というレベルまで引き上げてくれる。とにかくわかりやすい。


説明もわかりやすいが、それだけじゃ理解しきれないから、問題はやったほうがいい。さらに、間違いやすいポイントを押さえることもできる。


教科書より普通にわかりやすいので、教科書でつまづいた人はこれでなんとかなる。なんとかならなかった人は予備校の実力のある講師にあたるか、物理選択を諦めましょう。


センター物理だけなら、これとあとセンターの問題集を適当に潰しとけば80点くらい取れるだろう。

物理重要問題集



エッセンスを二周した後に、学校に買わされて手元にあったから手をつけてみた本。難易度も普通の国公立の二次試験くらいだから、京大の問題に挑む前の肩慣らしとしてちょうどいい。


この一冊で力学・熱力学・波動・電磁気学・原子物理全ての高校物理の分野の典型問題を網羅できる。A問題、B問題と分かれてるが、A問題は基礎問題、典型問題で構成されてて、B問題は、典型問題、応用問題で構成されてて難しいのも混じっている。


ちなみに僕はA問題全分野一周→A問題全分野復習→B問題全分野一周→B問題全分野復習という流れで勉強したが、好みに合わせてやり方を変えればいいと思う。


この参考書だけで京大物理の対策は完璧という人がいますが、京大独特の穴埋め形式の、見たことのないような題材を誘導に従って解くようなテストはこれだけじゃ対応できないです。


さらに、京大の理科は時間が短いから時間配分の訓練もこれじゃ不十分です。過去問、京大オープン、京大実戦の問題を必ずやりましょう。

京大の物理 25カ年



直前期にやった一冊。言うまでもなく過去問が25年分、分野別で収録されている。


1日一年分やろうと計画を立てたが、簡単な年の問題に当たった日は調子に乗って二年分やったりしてたから、予定と違って本番ニ週間前くらいにやり終えてしまった思い出の一品。(やるときは計画的に)


時間配分の訓練のために、分野ごとじゃなくて年代ごとに時間を測ってやるべき。僕は化学と合わせて3時間測って25回やりました。


他の問題集ではなかなか載ってない、原子物理や波動の難問も載ってるから、そこを重点的に補強したい別の大学志望の人にもオススメできる。

やる順番


なんとなくわかったと思いますが、エッセンス→物理重要問題集→京大の物理25カ年がベストです。


難易度を考えると、物理重要問題集は「良問の風」、京大の物理25カ年は京大オープン、実戦の過去問で代替可能でしょう。


良問の風はやったことがないのであまり知りませんが、エッセンスと同じ作者なのでわかりやすくていいそうです。


京大の物理25カ年も終わって暇、物理で8割以上を取りたいって人は「難問題の系統とその解き方物理」をやってみるといいでしょう。


これも僕はやったことがないのでわからないのですが、灘の理三に受かるような生徒はこれを何周もやるらしいです。それぐらいの難易度なんでしょう。


中には大学レベルの物理を使うぐらい本当に難しく、普通の受験生にとっては明らかにオーバーワークなので変に手をつけない方が幸せです。